業務案内

大阪府堺市の有限会社ライトハウスが主力業務として手がける軽天工事は、建物が完成した後は見えなくなってしまう内装の下地部分にかかわる施工です。それだけに“縁の下の力持ち”としての役割が求められる、重要性の高い工程でもあります。
私たちはオフィスビルや商業施設の内装を支える仕事に誇りをもち、施工を通じてみなさまの暮らしに貢献してまいります。
ほかにもボード貼り工事をはじめとする多種多様な業務を請け負っています。弊社の事業に興味をおもちの方はお気軽にお問い合わせください。

軽天下地工事

壁や天井など内装部分の骨組みを作る工事です。
デザインがどんなに優れていても、下地がきちんと施工されていない内装はあっという間に劣化してしまいます。たとえ見えない部分であっても、手を抜かず丁寧に施工することがたいへん重要な箇所です。
・建物内部と外部の温度差による結露の発生を考慮して断熱材を使用する
・防音対策のために遮音シートを貼る
など環境の変化を予測し、お客さま第一の施工を柔軟な対応力でご提供します。

ボード貼り施工

クロス貼りや塗装工事の前段階として、下地となる石膏ボードを壁や天井に貼っていく作業にも対応しています。
石膏ボードは一般的に普及している建築資材の一つで、「防音・遮音効果に優れている」「耐アレルギー性を備えている」「費用が安い」など多数のメリットがあることから、住宅をはじめ多くの建物で使用されています。
ボード工事の品質がクロス貼りや塗装工事の仕上がりを左右するといっても過言ではないため、弊社では慎重な作業を心がけています。ボード貼り施工を通じて劣化の進行を抑え、見た目も美しい内装を実現いたします。

GLボード施工

GLボンド(石膏系接着剤)を使い、石膏ボードをコンクリートに直接貼る工法を取り扱っています。
また、
1、下地に団子状のGLボンドを塗りつける
2、貼り付けたい箇所にボードを直接圧着する
という2工程で施工でき、コンクリートの不陸(平らでない部分)や下地の調整および骨組み施工の必要がないため、作業工程を省略して工期短縮できるのが大きなメリットです。
「内装デザインのバランスが悪い」「部屋を広くとりたい」などのご要望がございましたら、ぜひご相談ください。

ガラスクロス額縁貼

ガラスクロス額縁貼とは、ガラス繊維で編んだ布(ガラスクロス)を吸音ボードの表面や裏面の一部に貼り付けて加工した製品です。額縁のようにボードを包み込んで貼ることにより、通常の吸音ボードよりも高い防音性と気密性を実現することができます。
また、反響音防止効果に加えて断熱効果にも優れているのが特徴です。
内装の仕上げとして使用できる商品もご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

鉛複合板

鉛複合板には放射線防護を目的とする製品と、防音を目的とする製品の2種類があります。
空港や基地周辺の防音対策として国から指定採用されているほか、放射線を取り扱う医療分野にも使用されている実績もあり、高価ながら私たちの生活に身近な場所で活躍している製品です。
用途に応じて最適な製品をご用意いたしますので、まずはご要望をお申し付けください。

ただいま有限会社ライトハウスでは協力会社を募集しています

ただいま有限会社ライトハウスでは一緒に働いてくださる協力会社を募集しています。
弊社は大阪府堺市を拠点に、軽天下地工事・ボード貼り工事・GLボード施工・ガラスクロス額縁貼・耐火被覆成型板工事・パーテーション工事など多岐にわたる業務を請け負っております。大小さまざまな施工規模に対応しています。
企業さまから個人事業主さままで企業規模は問いませんので、お気軽にお声かけください。みなさまからのご連絡を心よりお待ちしております。

お問い合わせ  施工実績