投稿日:2024年5月15日

内装仕上げ工事の細部に宿るプロの技をご紹介!

こんにちは、有限会社ライトハウスです。
大阪府堺市を拠点に、兵庫県など近畿一円で軽天工事やボード工事を行っている内装仕上げ工事の専門業者です。
ここでは、内装工事の微細な部分への配慮の重要性や、その技術についてお話ししていきます。

細かな部分にこだわる内装仕上げ工事の重要性

オフィスボード工事
内装仕上げ工事は、建築物の美観と快適性において、非常に重要な位置を占めます。
壁の一部が不均一であったり、天井の一つ一つのボードがわずかにズレていたりすると、それだけで建物全体の印象が大きく損なわれてしまいます。
しかし、弊社にお任せいただければ、そうした微細な部分にも徹底的にこだわった施工をお約束いたします。
例えば、隅々のカットが必要な軽天材では、正確な角度で切断し、完璧にフィットさせる技術が必要です。
そうすることで、壁や天井のラインが直線的に保たれ、空間全体の均衡が取れるのです。
また、ボードの継ぎ目を目立たなくするためには、緻密な下地処理と丁寧な石膏ボードの貼り合わせが必要となり、ここにも職人の手仕事が要求されます。

細部まで気を配る施工の流れ

工事を始める前には、現場の状況を念入りに調査し、正確な計測を行います。
素材の寸法やカットの方法について詳細な計画を立てることで、現場での施工精度を大幅に向上させることができます。
さらに、実際の施工では、贅沢を凝らした道具選びと丁寧な作業で、細部にまで美しい仕上がりを実現。
壁と天井が交差する角部においても、綺麗な直角を創出します。

完成度を左右する仕上げ工事の繊細な作業

仕上げ工事は、建築の最終段階に行われるため、すべての工程において最高の注意が払われる必要があります。
そして、その繊細な作業の中でも、特に注目を集めるのが壁や天井の仕上げです。
ここには、職人の熟練した手技が求められます。
例えば、石膏ボードの継ぎ目処理では、ひび割れを防ぐために細心の注意を払いつつ、ボードとボードの間に生じる隙間を完全に埋める技術が必須です。
これにより、塗装やクロスの下地として最適な平滑な面がつくり出されます。

仕上げ工事における細かい技術

壁と天井の仕上げでは、高品質な仕上がりを実現するために細かい部分に気を配ります。
例えば、一見目立たないコーナー部分においても、滑らかで綺麗なカーブを創出するためには、曲げる力加減や接着剤の使用量が大きく影響します。
このようにして、美しい内装空間をつくり出すためには、どれほど小さな部分であっても丁寧な作業が求められるのです。

お任せください!内装工事ならライトハウス

丸問い合わせ
弊社は店舗からオフィスビル、マンションまで、様々な建物での内装仕上げ工事を承っています。
軽天工事やボード工事など、幅広い業務に対応し、確かな技術力で施工いたします。
お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

有限会社ライトハウス
〒591-8008  大阪府堺市北区東浅香山町2丁目230-14
TEL:072-320-2972  FAX:072-320-2973


関連記事

ボード工事のメリット・デメリットとは?

ボード工事のメリット・デメリットとは?

ボード工事のメリット・デメリット 「ボード工事のメリットやデメリットってなんだろう」 読者の中には、 …

弊社とともに業界を盛り上げませんか?協力会社さまを募集中!

弊社とともに業界を盛り上げませんか?協力…

大阪府堺市の有限会社ライトハウスでは、私たちとともに内装仕上げ工事に携わってくださる協力会社さまを募 …

ボード工事・軽天工事をお考えの皆さまへ

ボード工事・軽天工事をお考えの皆さまへ

オフィス改装や新規店舗の内装工事に悩んでいませんか? 大阪府堺市を中心に、ボード工事や軽天工事で皆さ …

お問い合わせ  施工実績